HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

メディア映像専攻 - 概要

専攻扉720×460.jpg


新たなイメージを社会に掲示する

メディア映像の対象はデジタルアニメーション、パペットアニメションなどの「アートアニメーション」、デジタル映像の制作技術を利用した「VFX・ARコンテンツ」、ポストブロードキャストを視野に置いた「メディア映像表現」、デジタルアート&エンターテインメントとしての「メディア企画」、様々な媒体に向けた広告宣伝などに使用される「コマーシャル映像」、インタラクティブな映像インスタレーションなどの「メディアアート」、「デジタルアーカイブ」、「メディア映像文化研究」と多岐にわたります。
今後、さらに多様化するメディアコンテンツに対して、これまでの芸術の枠にとらわれずに新たな表現の開拓に挑戦していきます。


専攻WEBサイト

http://newmedia.aichi-fam-u.ac.jp/

専攻 3ポリシー(PDF)


教員

教員一覧


カリキュラムの概要

総合的な基礎力を習得し、専門的技術を得て、自由な発想で豊かな表現に取り組む

これまでの芸術の枠にとらわれずに、分野・領域を柔軟に横断する独自のカリキュラムを構成します。メディア映像のスペシャリストになるための基礎的造形力を習得し、メディア映像のさまざまな表現を学習しつつ、目指したい専門の研究分野を決定し、制作研究を進められるように教員が各自の特性を見出します。6つの研究分野として、アニメーション表現研究、CG表現研究、映像表現研究、メディアアート研究、メディア企画研究、デジタルアーカイブ研究があります。


詳細はこちら(大学案内ウェブパンフレット)