HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

H26 台南芸術大学からの留学生 Vol.1

愛知県立芸術大学での留学体験について Vol.1

ac347702ca3ad0f96bcae571a150c1fc_M.jpg台南芸術大学(協定校)大学院 民族音楽研究所 曾 宇航さん

平成26年度後期の半年間、特別聴講生として愛知県立芸術大学 音楽研究科 音楽専攻 音楽学領域に在籍

あの日、あなたに出会った  ~「愛知県立芸術大学」留学見聞 Vol.1 ~

 台南芸術大学の交換留学生として、私は日本の愛知県立芸術大学へ半年間の学習交流の機会を得た。楽しい時間はいつも早く過ぎ、いつの間にかそろそろ日本を離れる時がきている。話したいことはたくさんあるが、自分の一番印象深かったことについて話したいと思う。

一、親切で礼儀正しい日本人
 日本に来る前に、私は「彼らは果たして中国のマスコミや本の中で描かれているのと同じだろうか」といろいろな想像をめぐらせた。日本に来た最初の日、「クラスメイトの皆は中国人が嫌いでしょうか」といった問題を、学務課の三浦さんにたくさん聞いた。しかし、それはすべて余計な心配だった。学校の皆さんは親切で友好的であり、毎日facebook でクラスメイトと先生が書いた面白い文章を見るのが私の習慣となっている。私は寮で皆さんと近況報告をし合うことが楽しく、皆が私と考えを分かち合ってくれることをうれしく思う、会う度に、皆さんがくれた励まし言葉が僕の支えとなっている。

20150316-08_geijyutuka.png 「とにかく楽しい」というのが、私が日本で半年生活して得た率直な印象である。人々は「規則を守って」生活し、規則に従いさえすれば、何も心配しなくて良い。学校にいても、旅行に出ても、困難な場面に遭遇したとき、よくいろいろな人に助けてもらった。公共の場所で貴重品をなくしても心配はいらない。なぜなら、拾った人は自発的にサービスフロントに届けるからである。周囲のクラスメイトは、台湾のようなのんびりした感じは全然なく、皆厳しい顔で、歩くスピードも速いが、必要があって彼らを尋ねると、毎回彼らは立ち止まってとても親切な態度で助けてくれる。このようなことに、すごく感動した!
 日本人の礼儀正しさはよく知られているが、秩序よく列に並び、バスを乗り降りする時も、互いに挨拶する。店員は皆親切で、どこにいても笑顔の出迎えとサ一ビスに出会う。初めて訪日した私にとって、大きな驚き喜びだった。しだいに、私はこのような親切に慣れた。このまま中国に帰ってすぐに、無関心なスタッフ、巻き込まれることを恐がって他人を助けない人々に対面するだろう。私は、今の中国が勉強すべき部分がわかった。

~【台南芸術大学(協定校)からの留学生】愛知県立芸術大学での留学体験について Vol.2~ に続く

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学 学務課 学生支援・国際連携係
Tel:0561-76-2843
Fax:0561-62-0083
Mail:g-shien[at]mail.aichi-fam-u.ac.jp([at]を@に書き換えて送信してください)