HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

H28ドイツ=ハンブルク音楽大学からの留学報告②Vol.1

音楽研究科博士前期課程 鍵盤楽器領域 川合亜実さん

1hfmt写真.JPG

315日にハンブルクへ到着し、3ヶ月が経ちました。ようやくこちらでの生活にも慣れ、たくさんの方々に助けていただきながら、日々過ごしています。ハンブルクはとても生活しやすい街で、都会でありながら自然にも溢れています。今回の留学報告では基本的な情報について、ご報告させていただきたいと思います。



〈住民登録・ビザについて〉

留学生の最初の心配事のひとつに住民登録・ビザ申請があると思います。住民登録はドイツに到着後1週間以内、ビザ申請は90日以内に行います。留学している都市によって必要な書類が異なったり、同じ場所でも担当者によって言うことが違っていたりします。かなり苦労することが多いらしく、留学している友達からもいろいろな大変だったという話を聞いていました。私もかなり心配をしていたのですが、運が良かったのか、私の場合は何も問題が起こらずとてもスムーズに申請・取得できました。担当者の方もとても親切丁寧な方でした。現地の方の話によると『もしもなにか指摘された場合にはすぐに諦めて後日また別の人に担当してもらうといい』とのことでした。担当者によって言うことが様々で、また、担当者のその日の気分によっても変わることもあるからだそうです。ビザは申請後2~3週間で発行されました。家にビザができたことを知らせる手紙が届くので、その手紙を持参して受け取りに行きました。

私の場合のビザ申請時の必要書類は、

・ビザ申請書

・パスポート

・写真

・ドイツで有効な健康保険の加入証明書

・経費負担証明書 (事前に日本の領事事務所で作成します)

・入学許可書

・住民票

・賃貸契約書

でしたが、そのほかにもあった方が良いかも・・・と思った書類は、念のため全て持っていきました。



〈語学学校について〉

私は、4月の初めから3ヶ月間、語学学校に通っています。週5日で1日4時間のコースで勉強しています。

毎日朝の8:50~13:00までです。今はA2の終わりをやっていて、授業はとても楽しく、雰囲気も良いです。良い先生方と意欲的なクラスメイトに恵まれました。分からない箇所はその都度質問でき、理解するまで先生が熱心に説明して下さるので、分からないままにせずクリアしていくことができます。また、様々な国から集まったクラスメイト達とお互いの国について話すことで、他の国に対しこれまで以上に関心を持つようになりました。



〈大学について〉

ハンブルク音楽演劇大学の練習室はRübenkamp駅のすぐそばにあります。別の場所にある本来の校舎が現在工事中のため、今はこちらの校舎でレッスンや授業を行っているようです。練習室は待ち番号をもらい、自分の順番が来ると鍵がもらえるシステムです。曜日によって異なりますが週の半ばはかなり混むので4時間程待たなくてはならない日もあります。今の私は、語学学校のあとで学校へ行っているので、練習できるのが17時頃からです。休日は比較的空いているため、朝から夜まで続けて練習することが可能です。

2hfmt写真.JPG

3hfmt写真.JPG

〈レッスンについて〉

ナットケンパー先生のレッスンは平均して月に4~5回程度あります。レッスンは毎週ではなく、2週間に1度、週2回のレッスンがあります。1時間半~2時間のレッスン時間です。この2週間のサイクルは、練習を十分にしてからレッスンを受けられるので、私にはとても合っています。レッスンはドイツ語で行われますが、分からない単語は先生が辞書をひいてくださいます。先生はとても優しく熱心にレッスンをしてくださり、毎回のレッスンでは本当に勉強になる時間を過ごしています。先日は主校舎にあるホールで門下生のコンサートがあり、私は30分ほど演奏させて頂きました。一般の方々も聴きにいらっしゃっていて、演奏後には、とても綺麗だった、とても良かったよとお客様から声を掛けて頂けました。他の学生の演奏を聴くことでも刺激を受け、良い勉強となっています。



〈住居について〉

私は学生寮ではなく、一般のお宅の空いているお部屋をお借りして住んでいます。日本語とドイツ語のバイリンガルの大家さんです。私の住んでいる2階は2LDKなのでもう1人留学生が入居していて、彼女とキッチン・バス・トイレを共同で使用しています。彼女は6年ほどドイツに住んでいる音大生で、いろいろ助けて頂いたり教えて頂いたり、とても親切にしてもらっています。また、バス停や駅も近くにあるため、電車に乗れば大学と語学学校まで乗り換えなしで行くことができます。



〈交通について〉

ハンブルク市内の主な交通手段としては、S-Bahn(市電)、U-Bahn(地下鉄)、バスがあります。至る所にバス停があり、どこへ行くにも便利な街です。私の使っている1ヶ月定期券は月78ユーロで、バス・S-Bahn・U-Bahnが全て乗られるのでとても助かっています。私の定期券の指定範囲では、市内のほとんどの場所に行くことが出来ます。

4hfmt写真.JPG

ここは、"ライスハレ"というコンサートホールです。

この日は『SWRバーデンバーデン&フライブルク交響楽団』の演奏で、ヴァレーズのアメリカや、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲を聴きました。とても良い座席で、9ユーロで聴くことができました。ハンブルクはバレエも有名なので、バレエを観に行ったりもしています。

5hfmt写真.JPG

6hfmt写真.JPG

ハンブルクの天気は変わりやすく、気温が上がったかと思えば翌日には10度ほど下がったりします。雨も降ったり止んだりと、不安定な天気が多いです。6月の今週の気温は20度前後です。この写真を撮った日はとても晴れた休日で、ドイツの人々はアルスター湖を眺めながら会話を楽しみ、アイスを食べたり、ビールを飲んだりして休日を過ごしていました。

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学 学務課 学生支援・国際連携係
Tel:0561-76-2843
Fax:0561-62-0083
Mail:g-shien[at]mail.aichi-fam-u.ac.jp([at]を@に書き換えて送信してください)