HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

H29イギリス=ロンドン芸術大学からの留学報告Vol.1

美術研究科博士前期課程 彫刻領域 辻將成さんCSM外観.png

9月17 日に入国してから2週間ほど経ちました。

ロンドンは古い建物と新しいビルが混ざって景観ができており、雰囲気もとても良いです。ヒースロー空港についたら空港のWifi をつないでイミグレーションも難なく通れました。私は無料のエイジェントを使ってホームステイ、短期間の語学学校を手配しました。個人的に手配出来るのであれば必要ないかもしれません。

 学校の入学の手続きなどが始まる1 週間前に入国しました。私は前のスケジュールが詰まっておりギリギリになりましたが、もし余裕があるのなら9 月頭にはロンドンに入って、ual が提携している語学学校に行くのはおすすめです。行っていた学生に会いましたが、英語の他にual の雰囲気もわかるそうです。2 週間以上のコースしかなかったので私は通えませんでした。

 まだ生活など慣れたわけではないですが、少しずつ地理などわかってきました。ホストマザーがとても優しくていろいろと助けてもらっています。こっちでストリートダンサーの友達も出来始めてダンスの練習も出来る環境が整い始めたので、ストレスもなく過ごせています。授業が始まったら英語に苦戦する日々が訪れそうですが、一生懸命頑張ります。

 エラスムスの学生が多くほとんどヨーロッパの学生ですが、何人か気の合う仲間も出来ました。やはり皆が苦戦しているのは英語です。イントネーションや表現のちがいでわからないことも多いです。私はヨーロッパの学生よりも英語が出来ないので更に苦戦しています。でも聞けば丁寧に教えてもらえるのでなんとかなっています。ついたすぐは全てが新鮮なので何かと不安だらけでしたが、段々不安は消えわくわくする気持ちです。

 まだ観光は全然出来ておらず、平日も学校とエイジェント関係のことと、ダンスの練習で観光にまわせなかったので、これからは観光地巡りもしていこうと思います。わかってはいましたがロンドンはギャラリーがとても多く、ギャラリー巡りもしようと思います。ual からおすすめの展示を教えてもらえるのできっかけになると思います。

St.Paul.png

セント・ポール寺院

Tower Bridge.png

タワー・ブリッジ

 食べ物や水といった私生活については今のところ問題ないです。ただ外食は高いからしていません。家の食事は基本的にホームステイならついていると思うので最初は食事のことを考えてもホームステイがおすすめです。水はやはり硬い印象ですが実際変わらない気もします。でも飲み水はミネラルウォーターを買っています。たまに水道水も飲みますがそこまで変わらないです。

 まだ2 週間なのでわからないことだらけですが、一日一日大切に過ごしたいです。

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学 学務課 学生支援・国際連携係
Tel:0561-76-2843
Fax:0561-62-0083
Mail:g-shien[at]mail.aichi-fam-u.ac.jp([at]を@に書き換えて送信してください)